カレーのライスを炊き忘れ

備忘録を兼ねたインターネットの海に埋もれていく日記

20190324

食べた

  • 昼:エビチリ定食

読んだ

>ユリゲラーいいぞ!もっとやれ!扇動政治!

思った

今月末で契約解除するシェアハウスの片付けが予想以上に終わらない。物というのはなぜこんなに簡単に増えてしまうのか。それなのに粗大ゴミ1つ出すのでもかなりの手間とお金がかかる。物を無為に買うのはあとで色々と消耗してしまうので、よく考えて買いましょうという教訓を得ました。

それにしてもジモティはすごい。ジモティは地域密着型メルカリみたいなもので、メルカリとは違ってタダでも物を渡すことができるサービス。このタダっていうのに魔力があるみたいで、だいたいの家具を出品すると30秒ほどで最初のレスポンスがある。しかもだいたいのレスポンスが「即決しました」というテンションなので値引き交渉への対応とか状態確認とかの無駄なコミュニケーションを取らなくていい。しかも近くに住んでて車で取りに来る人が多いので、大きなものでも梱包や発送の手間なくそのまま渡せちゃう。ジモティの回し者みたいになっちゃったけど、引っ越しをしてみるとこのありがたさが分かると思う。

昼は中華、夜はカレーをシェアハウスの住人たちと食べた。半年は短かったが、短いと感じられたのは彼らの人間性というかそういうもののおかげだろう。家賃や食費が安く済んだし、何よりも大学生活の一部をありがちな一人暮らしとはちょっと違う形で賑やかに過ごせたというのが経験や思い出として、この先も残っていく気がした。東京行ったり名古屋行ったりと皆バラバラにはなるが、社会人に飯奢ってもらえるから遊びにでも行こう。たらふく食べよう。私が社会人になったら、しぶしぶ初任給で美味しいものを食べさせてあげよう。結婚したら、子供が生まれたら、昇進したら、転職したら、そんなイベントを喜んだり悲しんだりできるよう連絡を取ろう。エモいとは言いたくないが、エモいとしか言いようのない、そんな気持ちになった。

聞いた

また春が来るよ そしたのならまた
違う景色が もう見えてるのかな

20190323

食べた

  • 朝:トーストとオレンジ
  • 昼:鴨なんば蕎麦
  • 夜:餃子🥟

読んだ

>飯テロ

>ちょっとモテるとすぐこんなこと言い出す〜〜!!!モテない人間の気持ちをかんがえなさ〜〜〜〜い!!

思った

母が琵琶湖を見たいというので、琵琶湖を一望できる琵琶湖バレイなる場所に行った。

お〜〜。琵琶湖、デカイ。デカイ以外の感想がない。おれはこんな人間にはなりたくない!よく分からん決意。

蕎麦を食べた。山間には必ず美味しい蕎麦屋がある。鴨なんば蕎麦は正解なんだけど、関西にはごぼ天がない。九州にいた頃は馬鹿みたいに食べてたごぼ天。サクサクした衣とシャキシャキしたごぼう

夜は元町の餃子専門店へ。岩塩とレモンで食べる軟骨入りの餃子。海老は水餃子の方が美味しい。やっぱり定番のシンプルな焼き餃子を酢醤油とラー油で。餃子だけをお腹いっぱいになるまで食べるの、精神衛生にかなり良いのでぜひ。

妹は今年大学受験を終えて、国公立は落ちたが私立に拾ってもらえたそうで無事にこの4月から大学生らしい。実家から通えるそうなので、父も母もホッとしていることだろう。兄は私の2つ上だが、2浪したので学部卒業は私と同じ。それでもきちんと就職を決めて春から社会人らしい。なんだかんだ、兄。思えば兄弟で私だけが早くから家を離れて(高校から寮に入っていた)大学も身勝手に九州を出たがったし、好き勝手やらせてもらった(現在進行形)。「親の心子知らず」と言うけれど、これはマジでそうだと思っていて、むしろ「人の心人知らず」という感じで、自分ではない人間の考えていることなど分かり得ないと思う。いくら血が繋がっているといえど、血縁などそれ以上でもそれ以下でもない。

だから言わないと分からないことも多いと思うから、もう反抗期でもないし、色々と言おうと思った。感謝も謝罪もスネをかじりたいということも。今はこれしか言えないけど、頑張ります。

聞いた

親知らずが生えてきたよ 怖いから歯医者には行かない
親知らずが生えてきたよ 誰も知らない間に

20190322

食べた

  • 朝:あんご
  • 夜:なんじゃろのビーフシチューよ永遠に

読んだ

>たぬきちが無限にローン組んでくるの、小学生ながら鬼畜だということを感じていた

>よう分からんけど、すごそう

>浅野いにお

思った

東京の友人は彼女と神戸観光をしてくるということで、昼過ぎには見送った。私のお気に入りの喫茶店のモーニングを食べさせることができて満足。

昼ご飯食べて優雅にコーヒーを飲みながらゲームしてたら、夕方になっていた。実家から家族が神戸に遊びに来ていて、今日から2泊この狭い一人暮らしのワンルームに泊まることになっている。しかも我が家、3人兄弟ですよ?大学生の宅飲みかよ、みたいなテンションで地べたで眠ることになるのだろう。今年の正月は実家に帰らなかった。春休みに帰ると言って、また帰らなかった。

せっかくだから普段私が食べている美味しいものを食べさせてあげたくて、家族5人で近所の狭い洋食屋に行った。ビーフシチューがうまいのなんの。一家大喜びしててよかった。立派に美味い店とか見つけて上手くやってますよ。大学院まで行くし、なかなか働かないけど、気長に待ってくれたら嬉しいです……。

聞いた

  • ミレニアム/くるり
  • Angel Disco Love/落日飛車
  • 遊戯/Elephant Gym

辛いけど眠るだけ
絵日記の絵だけ描く
絵だけ描く

20190321

食べた

  • 昼:たまご
  • 夜:エニシバのキッシュとかソーセージとか

読んだ

>これ、まだ身をもって実感してないのだが、結構道消えてるのかな Google Mapはたまに獣道みたいな細道を通らせようとするからビックリする

>むずかしいおせっくすのおはなし。 "それもこれも全部ひっくるめて、相性だというのなら、私たちは違ったんだな、と思います。" いくら2人の空気感や趣味や価値観の相性が良くて、お付き合いしましょうねってなっても、あれ?お身体の相性がどうも良くありませんね……ってなったら割と落ち込むし色々と不安定になることもあるんだろう。身体の相性が全てではないが、身体を持って生まれて、その身体が触れたり嗅いだり味わったりすることのできる感覚を携えているのだから、もちろん重要に決まっている。難しい。なんだろう、付き合う前に初回お試しキャンペーンとかやる?それは最悪?

>ネトフリユーザーよ、このバイブルを駆使するのだ

思った

高校同期が遊びに来ました。ごめん遅れると言って遅れたり、もうすぐで着くというのに1駅逃したりしてめちゃくちゃ焦らされました。お詫びに晩ご飯を奢ってくれた。商店街にあるずっと行きたかったバーみたいなところ。キッシュが美味い。いい夜だだたからハイボールなんて飲んじゃった。ほろ酔いで温泉に入って、風呂上がりにはピルクル。乳酸菌が腸まで生きて届いたのが分かる。嘘です。

何も変わってない友と会って、その友が5年前とかと同じ雰囲気や空気感で話をしてくれると、自分も大して変わっていないのか、と安心する。5年前の自分たちのライブの映像を見て、下手くそだしMCも面白くないのに、なんか楽しかったなという記憶だけがぼんやり残っていて、かなりエモくなっちゃった。バンド人生最後にやった曲はサカナクションのアドベンチャーという曲だった。忘れてたよ。

揺れてる心の奥に咲いてた花は 最後の季節へ進み始めた
だけど思い出は色付くまま そのまま 新しい僕の服になる
重ね着した僕はいつか
最後くらい夜に紛れて遊ぶ鳥目のない鳥になり外を飛ぶんだ
だけど思い出はすぐに息を切らして 新しい僕の服になり
色あせては見えなくなるんだ

いや……エモッ……えっ……。よく泣かなかったな演奏してて。むしろ泣けよ。泣いて然るべきだろ。私がおっさんになったの?全然関係ないけど、エモくなりすぎちゃうとエモいを「エメぇ」って言うの、結構好きなんだよね。

聞いた

言う通りだ 映画のような終りばかりなら
歴史は止まるはず
ゆっくり行けば行くほど 景色が見えてくる
遠回りしたくなる

20190320

食べた

  • 朝:焼きおにぎり
  • 昼:カレーカレーカレー
  • 夜:タンドリーチキン余り、ピクルス

読んだ

>キメチョコですね、でもハイにならずに体調悪くなるんだ……

思った

バイトだバイトだ!働き倒してやる!という感じで今日も元気にお仕事頑張りました。なんだか体に力が漲っている感じがあったので、帰りにカフェに寄って3時間くらいお勉強していました。GoとVue.jsとFirebaseで簡単にJWT認証を使ったセキュアなAPIとそれを叩くページを作るというチュートリアルやった。えらい。

匿名交換日記サービスみたいなものを作りたいなと思っていて、これは個人的に手紙をボトルに入れて海に流すとか、そういう行為への漠然とした憧れを実現したいというしょうもないアイデアなのですが。まあでも、別に匿名でその場限りという機能にするなら、ユーザー登録機能すら必要ないな。となると、意外と簡単にできそう?また気が向いたら作ってみてここで紹介したり、雑記に書いたりしようと思っています。

明日は中高6年間の同窓生でバンドも一緒にやってた東大ボーイが神戸に上陸するので、もてなしてあげようと思います。

聞いた

  • レースのむこう/青葉市子
  • 四月の支度/青葉市子
  • はるなつあきふゆ/青葉市子

はるなつあきふゆ
めぐりゆく月日を
あとどれくらい
数えられるのかな

20190319

食べた

  • 朝:寝てた
  • 夜:タンドリーチキン

読んだ

>これ、ついにゲームのサブスクリプションサービスが始まるっていうイメージなのかな だとしたらハードを出す意味はだんだん薄れていってしまってGoogleが唯一のプラットフォーマーになってしまいゲーム業界もGAFAに侵されていってしまうのね、時代だね...

>最近見た中で1番良かった、壁〜〜

思った

自分の住んでいる街を人に自慢できるのは素敵なことだと思う。今日は最寄りに友人が遊びに来たのでおすすめのカフェや商店街を巡るなどした。このまま観光親善大使とかになって養ってほしいくらいにはこの街が好きです。おやつを食べたくらいの時間で解散したので、丁寧な生活をした。具体的にはタンドリーチキンを作って、ピクルスを漬けた。

f:id:odmishien:20190319181403j:plain

大根と人参ときゅうり。酢 : 白ワイン : 水=2 : 1 : 0.75。栗原はるみ、ありがとう。明日には食べられるようになっているらしいので楽しみ。色々と実験したいね。タンドリーチキンの方もヨーグルト混ぜて作るやつで、美味しくできた。コウケンテツ、ありがとう。

www.orangepage.net

f:id:odmishien:20190319185851j:plain

料理をすると、意識が明瞭になってなんだか心まで軽くなる気がするのでたまにやるといい。時間がない時にはやる必要がないくらい便利な世の中だからそれを享受すればいいけれど、時間がある時には趣味のような感覚で料理をするのが良い。美味しくできたら人にも振る舞えるし、作り置きできるものだと数日後の自分が大喜びする。

聞いた

  • Baby I Love You/Shiggy Jr.
  • 渇いたサマーソング/SODAPOP
  • kiss me/PARKGOLF

アイスクリームみたいに溶けそう
その瞳に見つめられたなら

20190318

食べた

  • 朝:パン
  • 昼:フランクフルトとメロンパン
  • 夜:労働の後の焼肉

読んだ

>性的同意、余りにも阿吽の呼吸みたいなものが美学とされているものなので、難易度が高すぎる。女性の視点からこういうことがどう思われているのかというのは気になっていたので、へえーという感想。ただ、これは個人差がありすぎる話だと思うので、誰も彼もが紅茶が飲みたいかも分からないし、だからレイプという選択をとるかどうかも分からない。むずかしいこと考えられない!!!!

思った

大学に入学して3度目の引っ越し。1度目は大学入学の時。3年半アパートで一人暮らしをした。3階の壁が薄い部屋で、よく隣人に迷惑をかけたりかけられたりしていた。2度目は去年の夏。勢いに任せておもしろ物件(築54年6DK・家賃6.5万)でシェアハウスを始めた。ただ、2人が就職で出ていくことになり色々鑑みるとお得感もないのでシェアハウスは解散。ということで今回が3回目だ。3回目ともなると引っ越しへの慣れみたいなものが出てくるので、どれをいつまでに運んでおくべきかだったり、どの荷物は1人では運べないから優先して人が手伝ってくれる日に持って行くべきかなどの見通しを立てるのが上手くなる。今回はそのおかげで人に手伝ってもらう分は1時間半ほどで終えることができた。6階までエレベーターがない家なので、階段で洗濯機と冷蔵庫を運んだ。つくづく肉体労働が向いていない貧相な体だなと自分を呪った。レイアウトはまだ固まっていないが、ひとまず住める形になった。

相変わらず窓が良いと思わないか?窓が良いんだよ。労働を終えた後はみんなでケーキを食べて、夜には焼肉を食べた。労働者へ感謝の意を込めて、焼肉は奢り。業者に頼んだら馬鹿にならない値段を取られるので、安いもんだ。持つべきは友。

焼肉でお腹を膨らませたあと、いつも通りシェアハウスに帰る気でいたが、そういえば私にはもう自分だけの家がある。ふと気付いて皆と別の方向に踵を返す。半年ぶりの一人暮らしの夜。寂しくなんかないぜ、別にいいんだけどさ。柄にもなく、いい半年だったなと帰り道にしんみりしてしまった。

聞いた

夏は行ってしまった
きみやぼくやあの娘をおいて
ただそれだけのこと